大分での車庫証明書類の注意点(お気を付けください)

 大分県の車庫証明での注意点です。

 お客様のお住まいの地域とは違う場合がございますので、十分ご注意ください。

 【申請書記載方法について】

  ・申請者のご住所の記載は、印鑑証明書や住民票どおりに記載してください。

    ※大字抜き、ハイフンは不可です。建物名も必ず記入してください。

   例: ○ 杵築市大字八坂1825番地2 コーポ杵築103号

      × 杵築市八坂1825-2-103 

  

  ・保管場所の位置も、ハイフンにせずに住民票通りに記載してください。

   ※保管場所の位置は、建物名は記載しません。

      ○ 杵築市大字八坂1825番地2

      × 杵築市大字八坂1825ー2 コーポ杵築103号 

 

  ・車体番号のアルファベットの下にレ印を入れてください。

   (数字と区別するためです。)

   他県の申請用紙でレ印を入れるスペースがない場合はご相談ください。

   (念のため、車検証のコピーを送っていただく場合がございます。)

 

 【使用承諾書について】

   使用承諾書の試用期間の開始日は、「申請日」から1年以上になるように

   記載してください。(所有者の承諾日から1年にしないようにご注意ください)

   特に問題がなければ2年ぐらいの期間を記載してください。

 

   例:申請日が平成29年7月7日の場合

     ○ 平成29年6月30日~平成31年6月30日

     × 平成29年6月30日~平成30年6月30日

 

   使用承諾書の住所、保管場所の位置は、申請書と同じになるように

   記入してください。

         ※ハイフンの場合は受付もらえない場合もございますのでご注意ください。 

その他の注意点

  【保管場所(車庫)の要件等】

  • 「自動車の使用の本拠の位置」と「自動車の保管場所の位置」この2か所の住所は

     必ず直線距離で2キロ以内でなければなりません。

  • 道路から支障なく出入りができること。
  • 自動車の全体を収容できるものであること。
  • 申請者の住所と使用の本拠の位置が違う場合は、必ず所在証明書(原本)

    一緒にお送りください。所在証明書とは、住所入りの公共料金の領収書のことです。

    (3か月以内のもの) 

  【車台番号未記入での申請】     

   大分県では車台番号未記入での申請は、各警察署によって対応が異なります。

   そのため、事前に警察署にご確認いただくか、弊所にご相談ください。

   車台番号の後日記載ができる警察署でも、記載当日に車庫証明書類を

   受け取ることはできませんのでご注意ください

   (警察署への出頭が1回多くなります。)